ピアノレッスンを受けるメリット|性格もガラリと変わる

婦人

受験資格を得よう

男の人と女の人

学歴によって違う

医療の現場で障害や事故によって言葉を話すことが難しくなった人の言葉の機能を回復させる言語聴覚士になるためには、国家試験に合格する必要があります。ここで知っておきたいことは、受験資格を得るためには学歴によって専門学校へ通う年数に違いがある点です。高校を卒業した人は、言語聴覚士になるためには専門課程のある4年制大学で学ぶか3年制の専門学校で学ぶかのどちらかになります。一般の大学を卒業した人は、受験資格を得るために3年制ではなく2年制の専門学校に通います。言語聴覚士になるためには、このように学歴によって専門学校へ通う年数が定められている点に注意して、学ぶ学校を選びましょう。高校を卒業後、なるべく早く社会にでて言語聴覚士として働きたい人は、言語聴覚士を養成している専門学校へ進学し3年間学ぶのがおすすめです。専門学校を選ぶ際には、言語聴覚士国家試験の合格率を確認しておきましょう。合格率が高い専門学校は、それだけ国家試験の受験対策が万全にできていることを表しています。言語聴覚士になって働くためには、国家試験合格は欠かせない要因です。毎年どれくらいの人が合格しているのかは要チェックポイントです。合格率が低い専門学校は、受験対策がしっかりしていない可能性が高いので、進学先として選ばないほうが無難です。また、就職率の高さや専門学校としてどれくらいの実績や歴史があるのかや就職先も確認しておきましょう。